全身脱毛の選びかたについて

脱毛は全身脱毛をせっかくだからやってもらうのが良いと思っていたのですが、それでもフラッシュ脱毛がいいのかレーザー脱毛がいいのかという点で悩みがちでした。フラッシュ脱毛は脱毛サロンということで、アフターケアで美肌マッサージやエステなどが付いてくるのですが、どうも永久脱毛としては効果が弱くてまた生えてきてしまうこともあるみたいでした。そして一方のレーザー脱毛ですが、こちらは医療機関でやってもらえると言うのが利点であり、痛いレーザー脱毛の後もアフターケアを医学的にサポートしてくれるのは安心感があっていいなと思いました。回数は当然レーザー脱毛の方が少なくなり、最近だと料金も月額制になったり格安になったりしてるみたいですね。あとは施術時間ですが、意外にもレーザー脱毛も施術時間が短くなってきているみたいであり、一時間ほどで終わるので忙しい社会人としては嬉しいなと思いました。結局は医療レーザー脱毛にしてみようかなというのが今の心境です。脱毛@初心者専用!【長崎のおすすめサロン!】

顔脱毛で毎日いつでも美肌をキープ

横着な性格でずぼらな私は、ふと鏡を見ると口周りにわんさかと沢山無駄毛が生えていたり、非常に目立つ太い髭のような黒々した無駄毛が存在していることに気づき、大恥をかくことも多かったです。 顔の無駄毛処理は忙しいと忘れがちですし、行いたくても肌の調子が悪い時であれば剃刀負けや肌の乾燥などの無駄毛処理後の肌荒れのリスクの危険性を考慮すると、我慢せざる時も多いです。 生理時など肌がデリケートな時に顔をシェービングすると、肌がヒリヒリしたり大変な思いをすることも結構あるので、時々無駄毛が生えたまま過ごすこともありました。 しかし、顔脱毛をしてからは無駄毛処理を自分で頑張らなくても済むようになって嬉しいです。 今までだと一週間に1,2度は必ず顔を剃ってましたが、顔脱毛してからは面倒で肌荒れのリスクも高い自己処理をこなす手間や必要性も減ってくれて大変ありがたく感じてます。 また、顔脱毛すると肌の産毛のせいで化粧乗りが阻害されることがなくなるので、毎朝の化粧乗りも抜群です。 以前よりファンデーションが上手く肌へとフィットするようになったので、化粧の仕上がりやナチュラルさも断然高まってくれて嬉しいです。背中脱毛 ニキビ跡

脱毛と毛周期の深い関係性

エステサロンやクリニックで脱毛を考える場合には、毛周期を考慮して考える必要があります。
というのも、脱毛には、毛の生え変わる周期である毛周期が関係してくるからです。
脱毛の前には、医療機関でも脱毛エステサロンでも、ムダ毛に関する説明とともに毛周期の説明もあるはずです。毛

周期を考えながら脱毛を行えれば、脱毛の効果を上げることができます。
毛周期には、成長期→退行期→休止期のサイクルがありますが、成長期に脱毛するのが一番効果が出ると言われています。

レーザー脱毛のレーザーや光脱毛の光は、メラニンに反応します。
メラニンは成長期の毛に多く含まれているので、退行期や休止期の毛にレーザー脱毛や光脱毛を行なったとしても効果が少ないのです。
そのため、毛周期を考えて脱毛を行えば、施術料金も無駄にならず、効果的に脱毛することが可能になるのです。

毛周期は、人によって箇所によって異なりますが、1ヶ月半から2ヶ月あると言われています。
そのため、2ヶ月に1度の施術が利用が脱毛に効果的です。
エステサロンなどの予約も、その点を考慮して行いましょう。

ところで、永久脱毛を考える場合、最終的にどの位の時間がかかるのでしょうか?
エステサロンなどのHPを検索すると、5回から6回で脱毛が終了すると記載されているケースが多いようです。
しかし、実際には、減毛してツルツルに近い状態にはなりますが、永久脱毛とは言い切れない状態であることが多いようです。
完全に永久脱毛するためには、人や箇所によって異なるとはいえ、15回ほどの施術が必要なようです。
銀座カラー 効果

後で肌トラブルを起こさないための上手なワキ脱毛法

今はクリニックやエステサロンで手軽に、そして簡単にワキ脱毛が出来るようになりましたが、やはり一番手軽な方法は自宅での自己処理です。でも、手軽な分肌トラブルを起こしやすいデメリットもあるので慎重に行う事をオススメします。 ワキ毛の処理をお風呂に入った時に行う人も多いと思いますが、実はこれは肌トラブルの原因になります。その理由は入浴時や入浴後は通常より角質層が柔らかくなっているので、この時点で肌にカミソリを当てると角質を削ってしまい、カミソリ負けや色素沈着、埋没毛の原因になってしまうからです。 場所はお風呂場で良いのですが、乾いた肌を避け、肌のすべりを良くするクリームなどを塗ってから剃って下さい。ワキ毛を剃る時はT字カミソリよりも電気シェーバーの方が良いでしょう。電気シェーバーの方が肌に直接刃が当たらないので、より肌にやさしく処理できます。 剃る時の注意点は何度も同じ場所を剃らない事です。出来るだけ毛の流れに沿って、1回で剃るようにすると肌に負担がかかりません。そして、剃った後は必ずワセリンなどで保湿ケアをして下さい。 これらの事を頭に入れながら自己処理をして、黒ずみ、ブツブツなどの肌トラブルからワキを守りましょう。